相続

死亡した相続人の代わりに相続できる代襲相続。代襲相続の範囲、割合、相続放棄のケースなど徹底解説!

代襲相続とは?

被相続人が亡くなった時に、その子供が既に亡くなっている場合があります。

このような場合に、孫は生きていれば、その孫は、被相続人の遺産を相続できるのでしょうか。

また、被相続人が亡くなった時に、その兄弟姉妹は亡くなっている場合があります。

このような場合に、その兄弟姉妹の子(被相続人にとって甥や姪)がいる場合に、甥や姪は遺産を相続することができるのでしょうか。

このような場合に、法律では「代襲相続」を認め、孫や甥や姪も遺産を相続できることとしています。

今回は、この「代襲相続」について、詳しく解説します。

目次

代襲相続とは?!

代襲相続とは、相続の開始以前に相続人となるべき子又は兄弟姉妹が死亡した場合に、その者の直系卑属が相続人となって、その者の受けるはずであった相続分を相続する制度です。

相続人となるべき子又は兄弟姉妹が死亡した場合の他にも、相続人となるべき子又は兄弟姉妹が相続欠格や相続排除によって相続権を失った場合にも、代襲相続となります。

ちょっとまって…!いきなり頭がグラグラしてきたわ…
図にしたらシンプルよ。代襲相続の基本形はこんな感じ

代襲相続の基本

代襲相続人とは?

 代襲される者は、被相続人の子及び被相続人の兄弟姉妹です。

これを、被代襲者といいます。

そして、代襲相続人は、被代襲者の子です。

したがって、代襲相続人となるのは、被相続人の孫、甥、姪となります。

代襲相続人に財産を渡したくない場合は遺言を残しておく

【事例1】

あなたには、配偶者、長男、長女がいます。

あなたより先に長女が亡くなりました。長女には、子ども(あなたにとっての孫)がいます。

【解説】

この場合、あなたの相続人は、配偶者、長男、孫(孫は、長女の代襲相続人になります。)になります。

そして、あなたが孫ではなく、配偶者又は長男だけに財産を相続させたい場合には、遺言を作成する必要があります。

そもそも、法律上の相続人の範囲とは?相続人には順位が存在する

 法律上の相続人には、どのような人が含まれるのでしょうか。

まず、配偶者は、常に相続人になります。

次に血族相続人は、相続人になる順位があります。

第1順位の相続人は,被相続人の子若しくは,その代襲相続人である直系卑属(孫等)です。

第1順位の相続人がいなかった場合には、第2順位の相続人として,被相続人の直系尊属(父、母等)が相続人となります。

第2順位の相続人がいなかった場合には、第3順位の相続人として,被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。

代襲相続が開始される要件とは?!

 代襲相続となる原因は、相続人が相続開始より前に死亡すること、相続人が相続欠格により相続権を失うこと、相続人が相続廃除により相続権を失うことの3つだけです。

そして代襲相続人になれるのは、被代襲者の直系卑属になります。

具体的には、被相続人の孫、被相続人の甥や姪になります。

代襲相続の要件

  • 相続人が相続開始より前に死亡すること
  • 相続人が相続欠格により相続権を失うこと
  • 相続人んが相続排除により相続権を失うこと

代襲相続の場合でも、法定相続分と遺留分の両者を考える必要がある?!

 代襲相続は、相続の開始以前に相続人となるべき子又は兄弟姉妹が死亡し、又は欠格(民法891条)、廃除(民法892条)によって相続権を失った場合に、その者の直系卑属が相続人となって、その者の受けるはずであった相続分を相続する制度です。

代襲相続人は、その者の受けるはずであった相続分を相続します。

ですので代襲相続の場合でも、通常の相続と同じように、法定相続分と遺留分の両者を考える必要があります。

具体的な代襲相続のパターンをわかりやすい図で解説!

孫が代襲相続人になるケースとは?!

【事例1】

あなたには、配偶者、長男、長女がいます。

あなたより先に長女が亡くなりました。長女には、子ども(あなたにとっての孫)がいます。

代襲相続の事例1

【解説】

この場合、あなたの相続人は、長女が生きていれば、配偶者、長男、長女となります。

しかしながら、長女が先に亡くなっています。

したがって、あなたの相続人は、配偶者、長男、孫(孫は、長女の代襲相続人になります。)になります。

甥、姪が代襲相続人となるケースとは?!

【事例2】

あなたには、配偶者がいます。

あなたには、配偶者との間に子どもがおらず、両親もすでに亡くなっています。

あなたには、兄がいましたが、この兄も亡くなっており、兄には子(あなたにとっての甥もしくは姪)がいます。

代襲相続の事例2

【解説】

この場合、あなたの相続人は、兄が生きていれば、配偶者と兄になります。

しかしながら、兄が先に亡くなっています。

したがって、あなたの相続人は、配偶者と甥(甥は兄の代襲相続人になります。)になります。

養子が代襲相続人になるケースはある?

【事例3】

あなたには、配偶者がいます。

あなたは、長男,長女がいましたが,この度,養子をとりました。

その後、養子は結婚し、子(あなたにとっての孫)が誕生しました。

そして、あなたより先に、養子が亡くなりました。

代襲相続の事例3

【解説】

この場合、あなたの相続人は、養子が生きていれば、配偶者、長男、長女、養子となります。

しかしながら、養子が先に亡くなっています。

したがって、あなたの相続人は、配偶者,長男,長女,孫(孫は養子の代襲相続人になります。)になります。

甥、姪の子が代襲相続人になるケースはある?

【事例4】

あなたには、配偶者がいます。

あなたには、配偶者との間に子どもがおらず、両親もすでに亡くなっています。

あなたには、兄がいましたが、この兄も亡くなっています。

兄には、子(あなたにとっての甥)がいましたが、子(あなたにとっての甥)も亡くなっています。

この子(あなたにとっての甥)には、子(甥の子)がいます。

代襲相続の事例4

【解説】

この場合、あなたの相続人は、配偶者のみになります。

あなたにとっての甥の子は、代襲相続人にはなりません。

これは、兄弟姉妹の子への再代襲が認められないからです。

代襲相続で法定相続人が増えるケースとは?!

【事例5】

あなたには、配偶者、長男、長女がいます。

あなたより先に長女が亡くなりました。長女には、子(あなたにとっての孫)として孫A、孫Bがいます。

代襲相続の事例5

【解説】

この場合、あなたの相続人は、配偶者、長男、孫A,孫Bの4名となります。

長女が生きていれば、あなたの相続人は、配偶者、長男、長女の3名でした。

このように代襲相続人が複数いる場合、代襲相続によって、法定相続人の数は増えることになります。

なるほどねぇ。代襲相続になると、どんどん相続人が増えていくのね
ものすごくご長寿の方なら、孫が10人超えてて、孫一同が代襲相続するなんてことも起こりうることね

代襲相続における注意点とは?

代襲相続の場合には、どんなことに気をつけるべきでしょうか。

代襲相続における注意点について、解説します。

代襲相続人が継承する権利は、プラスの財産だけではない

 代襲相続とは、代襲相続人が、本来であれば相続人となるべきであった子・兄弟姉妹が受けるはずであった相続分を相続する制度です。

したがって、本来であれば相続人であった者の受けるはずであった相続分が負債しかない場合には、代襲相続人も負債のみを相続することになります。

代襲相続があった場合の手続きは不要?!戸籍謄本は必要?!

 代襲相続の場合には、通常の相続の場合と異なり、何か特別な手続を必要とするものではありません。

法律上、当然に代襲相続が発生します。

したがって、金融機関で手続をする際には、代襲相続人であることを証するため特別の手続を要するものではなく、通常の相続と同様に戸籍謄本を準備することになります。

代襲相続人以外の法定相続分は変わらない!

 代襲相続とは、代襲相続人が、本来であれば相続人となるべきであった子・兄弟姉妹が受けるはずであった相続分を相続する制度です。

したがって、代襲相続人は、本来であれば相続人であった者の相続分を、そのまま取得することになります。

ですので、他の相続人の相続分については、代襲相続が発生したからといって、何ら変更はありません

相続放棄の場合には、代襲相続はできない

 代襲相続となる原因は、相続人が相続開始より前に死亡すること、相続人が相続欠格により相続権を失うこと、相続人が相続廃除により相続権を失うことの3つだけです。

ここで、相続人が相続放棄をした場合には、代襲相続は発生しません

父が亡くなった際に相続放棄をした子は、その後に祖父が亡くなったときに代襲相続は可能か

 祖父、父、子がいる事例です。

父が亡くなったとき、子が、父について相続放棄をしたとします。

その後、祖父が亡くなったとき、子は、祖父の相続に関して代襲相続できるでしょうか。

この場合、既に父について相続放棄をしてしまっている以上、祖父について代襲相続できないようにも思えます。

しかし、結論としては、子は、祖父の相続について、代襲相続することができます

祖父に資産がある場合には相続することができますし、もし祖父に大きな借金がある場合委は、改めて祖父についても相続放棄しなければなりません。

祖父母は代襲相続人になれない!

 代襲相続人になれるのは、被代襲者の直系卑属のみです。

ですので、代襲相続人は、被相続人の孫及び甥・姪になります。

もっとも、被相続人に子がなく、父母も亡くなっている場合に、祖父母が相続人になります。

これは、祖父母が代襲相続するのではなく、祖父母固有の相続権になります

死亡以外に、相続廃除、相続欠格の場合には、代襲相続できる

 代襲相続となる原因は、相続人が相続開始より前に死亡することだけではありません。

相続人が相続欠格により相続権を失った場合、相続人が相続廃除により相続権を失った場合にも、代襲相続は発生します。

被代襲者の配偶者に代襲相続は生じない!

 代襲相続人になれるのは、被代襲者の直系卑属であり、被相続人の孫及び甥・姪です。

ですので、被代襲者の配偶者には代襲相続は生じません。

養子の子は、産まれた時期で代襲相続できるかどうかが決まる

【事例3】

あなたには、配偶者がいます。

あなたは、長男,長女がいましたが,この度,養子Aをとることにしました。

その後、養子Aは結婚し、子B(あなたにとっての孫)が誕生しました。

あなたより先に、養子Aが亡くなりました。

【事例6】

あなたには、配偶者がいます。

あなたは、長男,長女がいます。

Aは結婚し、子Bが誕生しました。

その後、あなたは、Aを養子にしました。

あなたより先に養子Aが亡くなりました。

養子縁組のタイミングの違い

【解説】

事例3では、あなたの相続人は、配偶者、長男、長女及びB(あなたにとっての孫)になります。

しかしながら、事例6では、あなたの相続人は、配偶者、長男及び長女になります。

Bが相続人にはなりません。

事例6では、Bは養子Aの子ですが、あなたの養子になる前の子ですので、あなたの直系卑属たる孫ではないからです。

養子縁組をした際に、養子Aはあなたの子としての身分を取得します。

しかしながら、あなたとBとの間に血族関係は生じません。

養子縁組前に出生した養子の子(いわゆる連れ子)は、代襲相続をすることができません。

代襲相続はどこまでも続く。再代襲相続とは?!

 被相続人の子が亡くなっていれば、被相続人の子の子である孫が代襲相続人になります(事例1)。

その孫も亡くなっていた場合、孫の子(ひ孫)が代襲相続人になります。

このように、代襲相続が続いていくことを、再代襲といいます。

数次相続との違いに注意?!

代襲相続と間違えやすいものに、数次相続があります。

代襲相続とは、被相続人の死亡前に、相続人である子や兄弟姉妹が亡くなった場合のことをいいます。

この場合、孫や甥・姪が代襲相続人になります。

他方、数次相続とは、被相続人が死亡後に、相続人が死亡したときに発生します。

この場合には、相続人の法定相続人全員が、被相続人の相続人となります。

例えば、父、母、子、子の配偶者、孫がいた場合に、

代襲相続とは、父が亡くなる前に子が亡くなっていた場合に、父の相続人が母と孫になることをいいます。

数次相続とは、父が亡くなった後に子が亡くなった場合に、父の相続人が母と子の配偶者と孫になることをいいます。

代襲相続があった場合の相続税の注意点とは?!

代襲相続があった場合には、相続税の計算は変わるのでしょうか。

代襲相続があった場合の税金上の注意点について、解説します。

相続税の計算においては基礎控除が存在する

相続税の計算にあたっては、基礎控除額が重要です。

基礎控除額は、3,000万円+(600万円×法定相続人の数)という計算式によって算出されます。

基礎控除額

3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

基礎控除額の範囲内であれば、相続税がかかりません

そして、基礎控除額は、法定相続人の数によって変動します。

法定相続人の数が多ければ多いほど基礎控除額が増えますので、相続税がかからないことになります。

基礎控除の計算上、代襲相続があった場合も法定相続人の数にカウントされる

代襲相続があった場合、法定相続人の数が増えることがあります。

例えば、父、母、子2人の家族のケースを考えます。

父が亡くなった場合、相続人は、母と子2人の3人です。

次に、子の1人が父より先に亡くなったケースが考えられます。

このとき、本来であれば相続人であった子に、2人の子(被相続人にとっての孫)がいる場合があります。

この場合には、父が亡くなった場合、相続人は、母、子、孫2人の4人となります。

このように代襲相続により相続人の数が増える場合があります。

この場合には、相続税の計算にあたっては、法定相続人の数が増えますので、その分、相続税がかからないことになります。

養子の数の制限に注意

なお、相続税を節税するために、たくさん養子縁組をすることはあまり意味がありません。

相続税の計算にあたっては、法定相続人の数に含める被相続人の養子の数は、下記の制限があります。

ポイント

  • 被相続人に実の子供がいる場合 1人まで
  • 被相続人に実の子供がいない場合 2人まで

相続放棄者がいる場合はどうなる?

 逆に、相続放棄がなされた場合には、相続人ではないことになってしまうので、相続税の計算のときにも、法定相続人の数が減ってしまうのでしょうか。

この点については、相続放棄がなされたとしても、相続税の計算の際には、法定相続人の数を減らす扱いにはなっていません。

したがって、相続放棄をすることによって、相続税が高くなるということにはなりません

代襲相続で悩んだら弁護士に相談!

代襲相続に該当するのか、自分が相続人に含まれるのか分からないといった悩みがあるのであれば、早いうちに、弁護士に相談ください

代襲相続に該当するのか、あなたが相続人か否か、明確なアドバイスがもらえると思います。

弁護士相談の費用はどれくらい?!

弁護士の法律相談の費用は、弁護士によって様々です。

一般的には、1時間1万円といった相談料を設定している弁護士が多いかと思います。

なかには、無料法律相談をしている弁護士もいらっしゃいます。

相続税で悩んだら税理士に相談

 代襲相続など、相続の争いに関する相談については、弁護士に相談するのが良いでしょう。

一方で相続税に関する悩みについては税理士に相談すべきでしょう。

税理士に相談するメリットとは?

 税理士は、相続財産の評価の算定や、相続税の申告書作成をサポートしてくれます。

相続財産の評価にこまった場合や、相続税の申告をしなければならない際には税理士に相談してみるとよいでしょう。

税理士相談の費用はどれくらい?!

 税理士の費用は一般的には遺産総額の0.5%~1%です。

しかし税理士費用が安いという理由だけで税理士を選ぶのは適切とは言えないかもしれません。

税理士の中には相続税に強い税理士とそうでない税理士がいます。選ぶのであれば相続税に強い税理士を選ぶべきでしょう。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。

代襲相続という考え方は、いざ相続が発生した時に、場合によって知っておかなくては、いろいろな問題をはらむ可能性があります。

しっかりと代襲相続について理解し、相続をスムーズに進められるようにしましょう。

  • この記事を書いた人
篠 昌義(公認会計士/税理士)

篠 昌義(公認会計士/税理士)

株式会社相談室代表取締役。有限責任監査法人トーマツで大企業から中小企業までの監査やコンサルティング、税理士法人で大企業の法人税から個人の所得税まで幅広く実務を担当したのち、自身も経営者としてシェアリングテクノロジー株式会社(東マ:3989)の取締役CFOから代表取締役まで幅広く経験。東証マザーズ上場の責任者を務めるだけでなく、上場後の事業推進、資金調達、M&A、組織改革などを幅広く企業拡大を牽引。 詳しい経歴・プロフィールは当メディアの運営者情報をご覧ください。

-相続

Copyright© 『個人事業主の経費』相談室 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.